お知らせ

メニュー

宇宙プロジェクト「どっか~ン第2弾」 銀杏祭

宇宙教育プロジェクト 銀杏祭2017 企画

企画趣旨

今冬、本校OBであるJAXA所属金井宣茂宇宙飛行士がISSに向けてとびたちます。これを応援するために、本校では「宇宙教育プロジェクト委員会」を発足し、また、広域的には市川市・習志野市と共に「金井宣茂宇宙飛行士プロジェクト実行委員会」を発足して活動を行っています。数多くのイベントを委員会または個々の機関で実施しておりますが、ここでは、次回、本校で行われるイベントについてお知らせ致します。

銀杏祭2017と宇宙関連イベント

本年度の文化祭(銀杏祭)は、9月16・17日に行われます。この文化祭において次の2か所の会場で「宇宙に関するイベント」を開催します。
①カフェテリア…「宇宙食?」の販売を行います。
②第二体育館…講演会・展示・体験・VTR放映の4つの企画を行います。

宇宙食

JAXAの施設の一部でも提供されている「星のかがやきカレー」を販売します。 その他、「宇宙食小鉢」も用意。また、袋詰めの「宇宙食」も数多く販売します。

一般公開講演会①

第1日目 9月16日(土)13:00~14:30
KU-MA理事 菊地涼子氏講演会
「バイコヌール宇宙基地打ち上げバーチャルツアー」
主催:東邦中高等学校宇宙教育プロジェクト委員会
 金井宇宙飛行士が飛び立つバイコヌール基地をあなたは知っていますか。アメリカの宇宙基地を知っていても、ロシアの基地って!?
 菊地氏は、1989~90年「宇宙特派員」として秋山豊寛飛行士と共に旧ソ連(現ロシア)モスクワ郊外の「星の街・宇宙飛行士訓練センター」にて基礎訓練とミッション用訓練を修了、宇宙飛行士の資格認定を受けた方です。その関係で、バイコヌール基地の奥の奥まで知る数少ない人物なんです。たいへん貴重で楽しい話が聞けますよ。

一般公開講演会②

第2日目 9月17日(日)10:00~11:30
京都造形芸術大学教授 秋山豊寛氏講演会
「宇宙から気づいた地上での学び」
主催:金井宣茂宇宙飛行士プロジェクト実行委員会(市川市・習志野市・東邦中高等学校)
 日本人で宇宙にはじめていった人物を知っていますか。それが、秋山氏なんです。はじめて行ったからこそ感じることができた宇宙の魅力と地球の魅力についてたいへん貴重なお話しを聞けます。
 秋山氏は、東京放送(TBS)に入社し、政治部記者、ワシントン支局長、外信部デスク、国際ニュースセンター長、報道局専任局長を歴任後、1990年12月2日、日本人初の宇宙飛行士として、ソ連の宇宙飛行士2人とともにソユーズ宇宙船に乗船し、9日間宇宙飛行した人物です。

展示

JAXAから借用した展示物や8月に行ったJAXAつくば見学ツアー参加者による生徒作品を展示します。

体験

小学生や中学生を対象とした宇宙工作教室を本校の教員が開催します。中には、作ったものを広い体育館で遊んで頂けるものもあります。内容等は、当日ご確認下さい。

VTR放映

JAXA制作ビデオを中心として小学生から大人まで楽しめるコンテンツを用意しています。カフェテリアおよび体育館で放映しますが、特に体育館では大画面でご覧いただけます。

ポスター・チラシ

WEB申し込み

インターネット出願
見学会・説明会